冷え性改善におすすめな食品を紹介

By daaaD On 7月 6th, 2017

女性に多い冷え性は体が冷える感覚以外に痛みや辛さを感じることがあります。
代表的なものには冷え性からくる肩こりや腰痛です。
辛い症状を改善するには冷え性そのものの改善が優先になることもあります。

冷え性は食生活を見直すことで改善できる可能性があると言われています。
冷え性改善に良い食品について詳しく見ていきましょう!

辛い冷え性の諸症状と改善に良い食品

冷え性の辛い症状には血流が滞ることによる諸症状が多くあり、先ほどの肩こりや腰痛を始め、クーラーの下では頭痛や腹痛を起こすこともあります。
お風呂でしっかり温まったのに少しの間テレビを観ていたらすっかり手足が冷えてしまい、ベッドの中でもなかなか眠れなかったということも良く耳にします。

冷え性の改善にはさまざまな取り組みがあり中でも食生活の見直しは手軽で取り組みやすいと言われています。
良い効果を発揮する食品について詳しく見ていきましょう!

積極的に摂りたい!体を温める食品

しょうが

冷え性は辛い症状が出るようになると日常生活にも支障をきたすことがあるので早めの対処がおすすめです。
手軽にできるものには食生活の見直しで、体を温める食品を積極的に食べることが挙げられます。
体を温める食品と言えばショウガが代表的ですが、ショウガ以外にもいくつか紹介していきます。

ショウガと並んで体を温める効果があるのがニンニクです。
スタミナをつけたいときにも良いニンニクは、末端の血管拡張作用や代謝の促進効果があります。
体を温める活動を最近では温活と言われることがあり、温活して冷え性改善を応援するサイトが多数あります。

さつまいも

サツマイモは胃を始めとする消化器官を丈夫にして血行促進の効果が期待できます。
内臓を温める効果もあるので意識して食べるようにしたい食品です。

レンコンは体を温めると同時に血液をサラサラにする効果があります。
またビタミンCやねばねば成分のムチンなども豊富なので胃腸機能の向上や滋養強壮にも良く、便秘解消なども期待できます。

体を温める食品には他にもたくさんの種類があり、紅茶や日本酒、赤ワインなどの飲み物や、みそや麹、こしょうやシナモンなどの調味料に至るまでさまざまなものがあります。
肉や魚を調理するときに調味料で体を温める工夫をするといった方法もおすすめできます。

野菜類は水分が少なく固いもので、色が濃く、寒いエリアや寒い時期に収穫となるものを目安として選ぶことがおすすめです。
反対に水分が多い食品は体を冷やすことが多いと考えておいても良いでしょう。